友だち追加


イベント

久米通賢資料 重文指定記念展 (鎌田共済会 郷土博物館)2014年07月02日

メールで記事を紹介


久米通賢資料 重文指定記念展 (鎌田共済会 郷土博物館)

20140626162209780_0001 本年3月、久米通賢翁の資料が国の重要文化財に指定されました。これを記念して、今まで公開されなかった地図・絵図も展観されます。

会 期:平成26年6月24日(火)~9月21日(日)
      午前9時30分~午後4時30分 (※入館は4時まで)
休館日:月曜日・祝祭日・夏季特別 (8月13日~15日)
場 所:鎌田共済会郷土博物館
(坂出市本町1-1-24、電話0877-46-2275)

入館料:無料

展示内容等の詳細は、公益財団法人 鎌田共済郷土資料館のホームページをご覧下さい。

※文部科学省文化審議会において国の重要文化財に指定された久米通賢資料は1061点。その分類と員数は、文書・記念類595点、書状類295点、絵図・地図類115点、著述稿本類11点、典籍類20点、器物類25点。
久米通賢(1780~1841年)は讃岐の生んだ科学者、技術者、塩田開発の事業家として卓抜・多彩な活動を行い、天文観測、測量、鉄砲の製作・改良、各地の土木工事等においても多くの業績を残しています。
これらの資料は、この久米通賢の事績を物語る最もまとまった資料群として、「19世紀前半における科学的知識の受容と活用の実態を示し、科学技術史研究上に価値が高い」と評価されました。
ページトップ