友だち追加


新着情報

販路拡大・生産性向上をお考えの小規模事業者の皆様へ! 中小企業庁 平成30年度補正予算事業「小規模事業者持続化補助金」公募開始について2019年04月25日

メールで記事を紹介


中小企業庁 平成30年度補正予算事業「小規模事業者持続化補助金」公募開始について

 

販路拡大・生産性向上をお考えの小規模事業者の皆様へ

「小規模事業者持続化補助金」の公募が開始されました

 

経営計画に基づいて実施する販路開拓の取り組みに対し50万円を上限に補助金(補助率:2/3)が出ます。例えば、75万円の総経費に対して、その2/3の50万円を補助します。
  • ①市区町村による創業支援等事業の支援を受けた事業者、②買い物弱者対策事業を行う事業者は、100万円が上限になります。
・複数の事業者が共同して申請することもできます。複数の事業者が連携する場合には、上限は100万円~500万円です。

 

※詳細は日本商工会議所の特設ウェブサイトに掲載する公募要領等をご確認下さい。

※応募された「経営計画」に対して、有識者等で組織される審査委員会で審査を行い、評価の高いものから順に採択が決定されます。

 

◇対象となる取り組みのイメージ(商店や飲食店で想定される取り組み例)

①広告宣伝

 ・新たな顧客層の取込を狙い、チラシを作成・配布

 ・店舗の認知度向上を目的とした看板の設置

②集客力を高めるための店舗改装

 ・幅広い年代層の集客を図るための店舗のユニバーサルデザイン化

③商談会・展示会への出展

 ・新たな販路を求め、国内外の展示会へ出展

④新たな商品・サービス提供のための製造機器の導入・試作開発の実施

 ・3Dプリンターを導入し、新商品の開発

 ・原材料を購入して新製品・商品の試作開発

⑤ITを活用した広報や業務効率化

 ・ホームページの開設やネット販売システムの構築、管理システムの導入

 

◇補助対象者

常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業・小売業・サービス業(宿泊業・娯楽業は20名以下)を営む者については5名以下)の事業者。

◇補助対象経費

機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、車両購入費(買物弱者対策事業の場合に限ります)、設備処分費

 (補助対象経費総額の1/2が上限)、委託費、外注費

 

◇公募等のスケジュール予定

1.申請受付開始  2019年4月25日(木)

2.坂出商工会議所への申請書一式の提出締切

2019年6月5日(水)

3.採択結果発表  2019年7月中予定

4.補助事業の実施期限

2019年12月31日(火)まで

※さらに詳しい内容をお知りになりたい方は、下記チラシをダウンロードして、Eメール(info@sakaide.or.jp)またはFAX(0877)45-6165にてお申込み下さい。担当者より、折り返しご連絡させていただきます。

 【坂出商工会議所受付分 日本商工会議所 平成30年度補正予算事業「小規模事業者持続化補助金」チラシ】



 

 
ページトップ